ビジネス開発

海外市場参入に際しての戦略作成支援を必要としていますか?

リセラーや販売代理店契約、ジョイントベンチャーや戦略的パートナーシップ、
さらに海外拠点の設立まで、弊社はこれらすべてをサポートしています。

日本でも米国でも市場参入を成功させるためには対象地域でのパートナーの必要性はご承知かと思います。ただし各状況に応じての対応はそれぞれ異なり、ひとつの参入戦略で全てに適応出来るものではありません。著名な大企業であってもその多くは海外事業展開をゼロから見直して成功を収めています。

私達は市場参入戦略を構築する際に、クライアントから対象地域での事業達成目的に関してヒアリングを行い計画を段階的に進めていきます。そしてそれぞれのクライアントの目的に適した市場参入の選択肢のアドバイスします。目的は短期での売り上げ向上もしくは市場参入を先行して優位に立つ事でしょうか? 営業活動に直接かかわりたいと考えていますか、それともパートナーに営業を任せたいと考えていますか?第一の目的が第二の目的と相反することになってしまうことが時々あります。私達はそのクライアントに特化した製品・サービスが全ての目的に合致する戦略構築をするアシストをしてきました。同時に私達は海外市場で成功を収めた企業の現地パートナーやサポートサービスの情報を含めた市場情報を提供致します。

重要なポイントは初期の市場参入手段が長期的目標を制約しないような計画を立てる事です。例えば、販売代理店販売から直接販売への移行を初めから想定している場合は、後に発生するかもしれないトラブルやビジネス損失を回避する事が可能です。

私達は販売業者の確立、総販売代理店、ジョイントベンチャー、技術ライセンス、そして直接販売・サポート拠点設立のコンサルティングサービスを提供します。

海外ビジネス構築の選択肢

エンドユーザーへの直接販売や他社の製品やサービスに技術ライセンスを提供する場合、多くの企業が海外ビジネスに対して自国同様の体制を取る事が多く見受けられます。しかし海外ビジネスを行う際の距離やコスト、そして海外市場でのニーズは自国体制の修正か新たな体制構築を必要とします。

例えば、本国で直接販売をしている場合であっても、海外では独自の営業組織を構築するよりリセラー関係を構築した方が早期市場参入が可能となる場合が多くあります。ただしこれには販売形式が複雑となりある程度コントロールを失うというマイナス点があります。状況次第では海外企業の製品やサービスに対してライセンスを提供する方が良いかもしれません。私達は多様な収益確保のチャンスや収益源泉の可能性を見極め、それらに適応した市場構造を開発する支援を致します。

海外参入戦略を構築した後に私達はその戦略実行をサポート致します。

Would you like to know more? Then get in touch now!

Contact Us